FC2ブログ

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

私を皆様で廻して下さい。 精子飲みます。 恥ずかしい姿を撮影して沢山の人に見せて上げて下さい。                                  勿論目線モザイク不要です。 どうぞ私を世間の晒し者にして下さい。
2006/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 課長に連れられてホテルに行きました。
ホテルに着くと、「脱いで♪ ゆっくりね!」
そう言われて課長の目の前で1枚づつ着てる物を脱いでいきました。
(と、言っても下着を着けてないので直ぐに全裸になってしまいましたが)
「見られるの好きなんだよね?」
「じっくり見てあげるよ♪」
私がうつむいたままでいると、
「あ、そうそう、俺が言う事には全て肯定系で返事してね!」
「ノーは駄目! 必ずイエス!」
美優「はい」
課長「裸を見られて嬉しい?」
美優「はい、嬉しいです」
課長「お○んこも見て欲しいんでしょ?」
美優「はい、見て欲しいです」
私は課長の目の前に大事な所を近づけ、課長が見て、触って、弄るのを耐えていました。

「今度は俺のを脱がせてよ♪」
そう言われ、私が課長の服を脱がせました。
パンツ1枚になった時、既に巨大化してるのが分かりました。
パンツも脱がすと大きくなった物が脈打っていました。
(はぁ、もうだめ・・・)

そのままシャワーを一緒に浴びに行きました。
課長がシャンプーを泡立て、私の大事な所にたっぷり塗りたくりました。
「本当はこんな事したくないんだけど、罰ゲームだからね♪」
そう言いながら私の大事な所の毛を剃り始めました。

10分後ツルツルにされた私のあそこ・・・

課長「1課の課長は美優に惚れてるだろ?」
美優「・・・」
課長「俺が美優にこんな事してるなんて知ったら、あいつどうするかな?」
美優「・・・」
課長「写メ撮るからおなにぃしてよ」
美優「は、はい」
課長の目の前で足を開きみられながらおなにぃを始めました。
課長「おなにぃしてる所、見られて嬉しい?」
美優「はい、嬉しいです」
そう言うと私の恥ずかしい姿を写メに撮られました。
(もう完全にトリップしています・・・)

課長「1課の課長にこの写メ送ってみようか?」
美優「・・・」
課長「返事は?」
美優「はい、送って下さい」
課長「いっその事、営業部の皆に送ったほうがいいんじゃない?」
美優「はい、皆に送って下さい」

そのままおなにぃを続行していると、私の携帯がなりました。
課長「美優にも送っておいたよ♪」
(嘘、マジで送ったの・・・?)
課長「待ちうけにしてあげようか?」
美優「はい、お願いします」
そう言うと課長は私の携帯を触り、本当に待ちうけ画像にしてしまいました。
私の携帯はD902、画面は表についていて誰からも見られてしまいます。
課長「月曜日、会社で会うまでこのままね♪」
美優「はい、そのままにします」
イエスとしか答えられないから言っているのか、私の願望を言っているのか段々分からなくなってきました。

課長「フェラしてよ」
美優「はい」
課長「○○さんのちんこをしゃぶらせて下さいって言ってね♪^^」
美優「はい、○○さんのちんこをしゃぶらせて下さい」
そう言わされフェラをさせられました。

余程興奮していたのか、私がうまくなってしまったのか、課長が自らの物もしごきながら、「あ、出る、出る」
そう言うと口の中に大量の精子が放出されました。
私は何も言われていないのに全てを飲み干しました。

課長は何故か拍手喝采で、
「えらいぞー」
そう言いながら頭をなでてくれました。

少し休憩した後、
課長「入れて欲しいでしょ?」
美優「はい、入れて欲しいです」
そのままベッドで課長に犯されました・・・
その間も、
課長「又部会でストリップでもする?」
美優「はい、させて下さい」
課長「おなにぃするのもいいんじゃない?」
美優「はい、します。 営業部全員に見られながら・・・」
課長「とりあえず、月曜日は下着つけないで出社してね♪」
美優「はい、下着着けないで会社に行きます」

こうして課長のおもちゃになる罰ゲームは終了しました。

今、携帯の待ちうけ画像を見ながら明日下着を着けないで会社に行くべきなのか真剣に悩んでいます・・・

課長の前でおなに

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 昨日の晩、パチスロ勝負に負けた罰ゲームとして約束通り課長のおもちゃになってきました。
着て行く服の指定ありです。
中はタンクトップに上着を着て、下はミニカート!
下着は着けない事。
それが課長の要請でした。
言われた通りの格好で待ち合わせ場所に行き、先ずはそのまま飲みに行きました。
私より課長の方がなんか緊張してるみたいでした。
お酒飲んで緊張もほぐれいつものような感じになってきて、下着を着けていない事も忘れていた頃、
「やっぱり綺麗な乳してるよね~♪」
と、気が付くと上から覗くと乳丸見え状態でした。
あ、っと思って隠そうとすると、
課長「駄目駄目、そのままそのまま」
美優「でも、課長に見えるって事は課長の後ろ通る人からも丸見えだよぉ・・・」
課長「そう言うの好きなんでしょ?」
たしかにそうなんですけど・・・・
それ所か着てる物を脱がされタンクトップ1枚の姿にさせられました。
(今日寒いよぉ(xx))
課長が調子に乗って肩紐を片方外しました。
「動かないで♪」
かなりルーズなタンクトップ(課長の指示ね、てか課長に買って貰ったし)で肩紐を外したら乳首が見えそうなところでぎりぎり止まってます。
みんなが見ていきます。
(恥かしい~)
「酔った振りしてなよ♪」
そう言うと課長はトイレに行ってしまいました。
動くと乳首が出ちゃいそうで全く動けません(XX)
課長が戻ってくる間も下を向きながらちらちら周りを見ると、同じようにちらちらこっちを見てる人がいます。
(ひぇ~、晒し者じゃんよぉ(TT))

ながーーーーい、トイレから課長が帰ってくると。
課長「周りの人見てたなぁ♪」
美優「かちょー! 部下にこんな恥かしい事させていいの?」
課長「今日は俺の奴隷だからね♪」
そう言うと私のタンクトップを指でずるっと下ろし、乳首を丸出しにしました。

私が反射的に手で隠すと、
「そろそろ行こうか?」
そう言われ、私はホテルに連れていかれました。

---------------------------------

長くなっりそうなので、この続きは「罰ゲーム②」でね♪



 課長と朝から「鉄拳」さん打ちに行きました♪^^
「勝負しようか?」っと課長に言われて、
「いーよー、負けないもん♪」
って答えると!
「じゃ、負けたら相手の言う事を何でも聞く事」
(おーい、かちょー、そんなキャラだったっけ???)
とりあえず勝負スタート!
決められた時間までにより多くのコインを出した方が勝ちって事になりました。

ここから↓は鉄拳好きしか分からないかも?
----------------------------------------------
とりあえず最初の1台!
前日余り出てない台なので勝手に決めちゃいました^^
けど、この「がうがう」(キングの意)全然ボーナス入ってくれません(TT)
350ゲームほどまわして台移動。
課長はと言うと既にボーナスを引いてます(やばぁ)

2台目に座った台は前に8000枚出した縁起の良い台♪
打ち始める事150ゲームで「ポー」(列車止めね)プラス、チェリー♪
(きゃー、チェリー解除なのなの^^)

そのビッグのコインが飲まれる前にチャンス目から液晶がざわざわ(カイジじゃありません)
SOSO連発からリングライト、キングアップで背後を人が通過!
(あれ? 今の人・・・ 平八さんじゃ・・・)
と、次のベットで「どぎゃーん」(てっちゃん突入の音です(^^;)
はーれー、つ、通常てっちゃん♪
これって⑥濃厚?
(今日は殆ど設定⑥の日です^^)
がぜんやる気モードなり~^^

てっちゃん六回続いて全部解除♪
既に箱入ってますよぉ^^

課長はと言うとバケに偏ったのもあって買い足し地獄中なり~♪
(この時点では課長におなにぃさせてIモーションで撮影しちゃおうとか考えていたんですけど(^^;)

テッチャン終了後、200ゲーム位回してBAD、BADからルーレット全回転!
(きゃー^^)
んで、止まったのが「バトル」
(貰ったわよぉ)
と、相手が・・・
デ、デ、デビル!!!
(ほぇ~こんなの初めて(;o;))
「がうがう」が攻撃する度に気合入れて応援してました^^
で、めでたく勝利~♪
(人生で4回目の鉄拳らっしゅ~♪^^)
えっとぉ、正直手が震えてました(^^;

「がうがう」は鉄拳ラッシュの時も「鉄拳ラッシュ」とは言わず、「がうがう」って言うんですね(^^;
でも声のトーンが違っていて私には「鉄拳らっしゅ」って聞こえましたよん^^

絶対勝ったと思っていた課長との勝負、この後私の台はぐずぐずモード(TT)
一方課長はと言うと、途中鉄拳チャンス10連とかして一気に抜かれちゃいました(;o;)
(ふぇ~ん(TT))
--------------------------------↑

と、言う事で約1000枚差で負けちゃいました(TT)
課長がにやにやしながら、「じゃ、罰ゲームさせてもらおうかな?」
美優「なにさせる気よ~!!!」
課長「罰ゲームと言えば丸坊主じゃん」
美優「?」
課長「下の丸坊主♪」
美優「まじー(TT)」

って、事で今度課長に剃られちゃいます(TT)
しかも一晩奴隷になる事!
課長の要求に一切NOと言ってはいけないそうです(TT)
(かちょー(;o;) 部下にそんな事させる気ー?)

わくわくするような怖いような・・・
どしよ???
て、どうしようもないし・・・


 「恥かしい言葉」に沢山のコメントありがとうございましたm(__)m
応募の中っから30点を吟味して、私と親友の綾ちんとでベスト3決定しました^^

1位は私の本位ではなかったんですけど・・・

とりあえず発表です。

優勝:ダークブルーさま

作: 犬とSEXする所を御見せします。
   是非会社の宴会の席に私を呼んで下さい。
   写真撮影OKです♪

寸評:ストイック過ぎますぅ(XX)
  綾ちんが面白がってダントツの1位に押したのと、この言葉を見て私自身心をかき乱される程インパクトが強かったのが1位の理由です。
(マジでこんなのしたら人格崩壊しそう・・・(^^;)
でも、実はかなり近い事はやらされたあるんですけどね(^^;

2位:紫龍さま

作: 実名、住所、電話番号を書いてネットでばらまく。

寸評: 実はこれ、私の本サイトで妄想した事の中にあるんですよね(^^;
   実現するのは無理ですけど心にもの凄くきました^^

3位:ととろっちさん

作: 「こんなびろびろ穴でよければご自由にお使い下さい^^」

寸評: 似たような言葉は色々ありましたけど、他の言葉もとてもフィットしていての第3位です^^

て、事で優勝した作品を実際に書いてみるとこんな感じ画像をアップします。
さすがに長くて自分では書けないので、お腹に文字を重ねてみました。

恥かしい言葉1


優勝賞品は実際に私の体に書いて貰う!
って事にしたかったんですけど反対意見もあり、公開終了した私の恥かしい壁紙を送らせて頂きました。
ダークブルーさん是非パソコンの壁紙にして下さいね^^

PS.仕事がちょー多忙になってしまって、コメントのレスや更新が遅くなってごめんなさいm(__)m
でも、頑張りますよぉ^^
 今週の事件報告です。
パチスロ仲間の課長と軽くスロットに連れていって貰った後に飲み飲みに行きました。
その最中、例の私を輪姦した課長のお友達から電話がありました。
「今どこ? これからこっちに来ない?」
そう言われました。
勿論ねらいは私の体。
又廻される・・・
そう思った時に「キュ」っと切なくなる気持ちを感じました。
でも課長の友達、これ以上ずるずるした関係を続ける気はありません。
断ってもしつこく言ってくる事に段々腹が立ってきて、そのまま電話を課長に預けちゃいました。
何の事か分からない課長。
普通に話しをしてました(^^;

電話が終わった後、思い切って課長にすべてを打ち明けました。
酔ってるとは言え真っ赤になって怒ってる課長!
「ごめんね、俺があんな事をしたばっかりに・・・」
そう誤っていました。
「しかしあおの野郎、俺でもまだやってないのに・・・」
(ちょっとちょっと怒るポイントずれてますよぉ(;o;))
そう、確かにカラオケ屋でフェラしてあげた事はあるし、体中いじられまくってますけど、えっちはしてないんです。

課長に愛されている事は気付いています。
でも既婚者ですし、私はただ陵辱されるのが好きだっただけ・・・
「やりたい?」
課長にそう聞くと、
「当たり前じゃないか」
そう言われてしまいました。

結局、課長とホテルに行ってしまいました。
あーぁ、又やっちゃった^^
これで部長と課長は兄弟です^^
でも不公平感がなくなって良いですよね^^
あ、それじゃTさんともやらないと(^^;

て、事でマジで今の部署でも公衆便所化しつつある美優でした♪

-----------------------------

「恥かしい言葉」に応募頂いている皆様ありがとうございます^^
シークの人の中にすんごい人がいました。
やばーい、やばいやばい、来ちゃってます(^^;
Sさま凄い感性です♪

それからRさま、どうぞ処理させて下さい。

SGさまどうぞどうぞお好きにして下さい。

他の方々も良いのありますよぉ^^
一位の商品はまだ待って下さいね^^

さてと明日は課長と鉄拳打ちに行ってきま-す^^
もちろん「がうがう」でね♪
 いつもコメント入れて頂いてる方ありがとうございます。
私の体にもっと恥かしい言葉を書いてみたいと言う方のリクエストにお応えして、恥かしい御言葉を募集します。
私の体に書いてみたい被虐的な御言葉をコメントして下さい。
私が堪らなくなった御言葉には私の体に書いて写真をアップするかもしれません?(自分じゃ書けないから合成になるかなぁ・・・?)
今まで書かれた事のある言葉、
「公衆便所」
「くされま○こ」
「変態女」
それ以外でお願いしますm(__)m

又スイッチ入っちゃうかもね♪
 私を犯してくれると言って頂いた人と会ってきました。
御相手は前の主様を知っている方で今回の主様募集にも応募頂いていた方です。
主様候補からの選には漏れてしまったのですが、「一度だけでいいからやらせてくれ」
そう言われていました。
もちろんそんな気は今日までなかったのですが・・・

会って直ぐにホテルに直行しました。
相手の方もやる気満々でデジカメ持参です。
ホテルに入って直ぐに抱き付かれ服を脱がされました。
全裸にされ、いきなり始まってしまいました。
火照った体を持て余していた私も望むところでした。

K


お互い満足しシャワーを浴びた後、相手の方がデジカメを取り出し、写真撮影していい?
と、聞いてきました。
あそこの写真を撮ってもいいと言っていた私に拒否する権利はありません。
顔は写さないと言う約束で数枚の写真を撮った後、自らあそこを広げて良く見せるようにと言われました。
(又スイッチが・・・)

もの凄いアップでカメラを構えています。
そのカメラに向かって大事な所を広げ良く見えるようにしました。
「ジー、カシャ!」
フラッシュの光りにトリップしそうでした。
「何か言う事あるでしょ?」
そう言われてはっとしました。
「どうぞ私のおま○こを見て下さい、恥かしい写真を撮って下さい」
「撮った写真はお好きなようにして下さい」
一度収まった体に又火がついてしまいました。

カメラに撮られながらおなにぃもしました。
「どうして欲しい?」
「私のお○んこに入れて下さい」
「何を?」
「あなたのおちんちんを・・・です」

相手の方は激しく突いてきてくれました。
私が先に逝ってしまうと、「じゃ、口でしてもらおうか」
そう言って固くて私の愛液で光っているものを口に入れてきました。
ほどなくして放出された物を全て飲み干すと相手の方が私の頭をなでて、いいこいいこしてくれました。

ホテルを出る前に御願いをしました。
「恥辱的な言葉、侮蔑する言葉を私に与えて下さい」
そう言って持参したマジックを手渡しました。
暫く考えた後、その言葉を体に書いてもらいました。
私の携帯でその姿を撮影し、私はブログにアップするまでそのお言葉を見ないようにしていました。

今その言葉を見て愕然としていると同時に何故か涙が出ています。
そこに書いてあったのは、とても屈辱的な言葉でした。
なんで私はこうなんだろう・・・
普通では満足出来ない体、とてもいやらしく、とても変態チック。

収まったはずのスイッチが又入ってしまいそうで自分自身が怖いです。

HOTEL

 5/27日(土)第1回「美優陵辱プロジェクト」開催します。

1.主催者:SINさん

2.参加予定者:まさひろさん、Rさん、しげさん、中島さん、3BAKU
さん

3.メニュー
 ①ノーパン・ノーブラ歩行(場所は秋葉原)
 ②首輪を付けての羞恥歩行(場所は秋葉原)
 ③そのままエロ映画館に入り公衆陵辱(電車で移動します)
 ④「一回百円」と体に書いて、男子公衆トイレに拘束放置
 ⑤居酒屋さんで陵辱
 ⑥カラオケ屋さんで王様ゲーム(注:美優は必ず一番です)
 ⑦酔った私を浮浪者にいる公園に放置(強制オナニー)
 ⑧全員で輪姦
 ⑨後はお好きなように

4.御用意頂く物
 ①ビデオカメラ・デジタルカメラ
  ※使い捨てカメラの場合は私がカメラ屋さんに受け取りに行くと言う羞恥オプション付きです。
 ②ロープ、手錠等の拘束用具
 ③アイマスク
 ④油性マジック
 ⑤その他個人の感性にお任せします

5.その他
 御撮りになった写真をそのまま御持ち帰り頂いて結構です。
 著作権は撮影者としますので、雑誌投稿、ネット投稿可です。
 (目線不要です)

他の方の参加も御待ちしております。
尚、交通費等実費以外の費用は一切掛かりません。


※ この話はフィクションです

 今日1日、私のスイッチは収まる事がありませんでした。
それもこれも先日課長の友人とその仲間に廻されてしまったからです。

 深夜、私は以前の主様が撮影された私の恥かしい写真を30枚ほど持ち出しました。
大事な所も顔もはっきり写っている写真ばかりです。
その中の1枚に私の部屋番号と携帯番号を書き込んであります。
その写真を3Fの廊下に無造作に10枚程ばら撒きました。
更に非常階段に向かい、下の階に向かって残りの全てをばら撒きました。
その光景にゾクッとする快感が走りました。

その写真はそのままにして部屋に戻ります。
回収したい欲望と戦いながら、あの写真が誰かに見られたらどうしよう、電話が掛かって来たらどうしよう・・・
そんな葛藤とリスク感に酔っていました。
体が震えています。 おかしくなりそうです。

全裸になり玄関のドアを開け、半開きの状態で固定しました。
そして左足をロープで縛り、その先をチェーンロック用のチェーンに結わえつけ、そのまま玄関で、廊下側に大事な所を晒しながらおなにぃを初めてしまいました。
(誰か私の写真を見付けて、私を見付けて、犯して・・・)
何も怖くありませんでした。
激しく犯されたい・・・
その願望だけでした。
どんな相手でも受け入れた事でしょう。
息使いと声が廊下に響いています。
(隣の人に気付かれたい、気付いて欲しい)

逝ってしまうまで大して時間は掛かりませんでした。
逝った後もそのまま足を縛り付けた状態でぐったりしていました。
動く気力が出ないのです。

(写真を回収して来ないと・・・)
ゆっくりとロープを解き、全裸のまま廊下にばら撒いた写真を回収しました。
次は非常階段です。
私の本サイトを御覧になった方は御存じだと思いますが、非常階段のドアは内側からは開きますが外からは開く事が出来ません。
一度出てしまうと1Fまで降りて正面玄関から入って来るしか出来ないのです。

時間が未だ早く、外で誰かに会う可能性が高いので、全裸で出たい願望を抑えてブラとショーツだけで非常階段に向かいました。
写真はまだその場にありました。
まだひくひくしている私のあそこ。
一度おなにぃした程度では収まっていなかったようです。
上から見下ろした裸の写真達を見てて、又興奮を覚えてしまいました。

今度は非常階段でストリップをはじめ、そのままばら撒かれた写真を見ながら全裸でおなにぃをしてしまいました。
今度はさっきよりももっと大きな声が出ていたと思います。
更にぐったりしてしまった私。
そのまま暫くへたり込んでいました。
(戻らないと・・・)
私の中には私を守ろうとする者と、私を辱めようとする者の2つの人格がいました。

取りあえず写真を回収し、1Fまでまで降りました。
正面玄関に回るには一度通りに出なければならないので、ここで下着を着ける事にしました。
そーっと、外の様子を見ると全くと言う程誰も居ません。
通りを通る車さえ見えません。
楽勝で玄関に向かったのですが、楽勝で戻れた事、通りに誰もいない事が又私に火を付けました。

ここで又脱ぎたい・・・

回収した写真を玄関の前に置き、車道まで出ていって、そこでストリップを初めてしまいました。
車道で全裸になった私は手を後ろに組み、その場でくるっと回ってみました。
そしてゆっくりと玄関に向かいました。
でも右手は大事な所を触りながら・・・
まともに歩けませんでした。
途中へたり込んだりしながら這うようにしてマンションの中に入りました。

今、戻ってきてこの記事を書いています。

私はこんな変態女なんです・・・
誰かめちゃくちゃにして下さい。

 私を犯して下さい。
大勢で廻して下さい。
口をガムテープで塞ぎ、両手は手錠をして、足を押さえつけ、順番に全員に、朝まで廻し続けてください。
口に出して頂いた精子は全て飲みます。

恥かしい写真を沢山撮って下さい。
大事な所も顔もはっきり写った写真を撮って下さい。
プリントした写真を街中、私の近所、使う駅の周辺でばら撒いて下さい。
もちろん目線もモザイクも必要ありません。
写真の裏には私の実名を記載しておいて下さい。
雑誌やインターネットで顔出しで投稿して下さい。

恥かしくて堪らないこと、それが羞恥系M女として生きる私のいきがいです。

はぁ、おかしくなってしまいそう・・・
誰か私をおもちゃのように廻して下さい。

----------------------------------------

リクエストにお応えして久々にブログでストリップのコーナーです。
前回どこまで脱いだか忘れちゃったんで、胸ちら辺りから^^
てか、乳首見えてるし(--;

ストリップ続き

 ここ暫く複数プレイとは遠ざかっていた私・・・
会社の人に廻されている所を想像しながらオナニィしてしまった事もあります。
陵辱されたい、廻されたい、そんな願望がこんな形で実現しようとは思ってもいませんでした。

 昨日、久しぶりに会う友達とお酒を飲みに都内某所に出没していました。
友達が余り遅くなれないと言う事で以外に早くお開きになり、とぼとぼ駅に向かっていました。
すると携帯電話が鳴り、見るとつい先日一緒に飲んだ課長のお友達からの電話でした。(人の事を全裸にして悪戯して帰った奴の事です)
電話に出ると、飲みに来ない?とのお誘いの電話。
それが何と同じ駅の近くで飲んでるとの事でした。
ちょっと飲み足りないのと、この間の事を詳しく聞きたい気持ちも合って誘いに乗る事にしました。

店に着くと課長の友達と知らない人が3人。
課長の友達が私を紹介すると、「おー!」、「わぉー」とかの歓声!
(うわぁ、盛り上がってるぅ(^^;)

「こんな美人が酔うとスケベ女になるの?」とか、
「美優さんて変態なんですって?」とか、
「露出狂M女なんですって?」とか・・・
(一体どんな伝え方をしていたんだか(^^;)

ところがこの人達、飲む飲む飲む飲む!
強い人ばっか(XX)
すけべぇな話に華が咲き、場はとっても盛り上がった状態!
一気を何回もやらされて、ふらふらになって、又一気!
「大丈夫?」と言ってさすってる手は確実に私の胸を揉んだり、太ももをさすったりしてましたが、全く抵抗できませーん(;o;)
店を出る時には立ち上がる事も出来ず、抱えられながら店を出ました。

どの位時間が立ったのでしょう?
余りの気持ち良さに目がさめました。
はっと我に返ると知らない家、しかも全裸で大の字に横たわっていて、一人の男がクンニの真っ最中でした。
それどころか他の3人の男がパンツ一丁で私の胸を揉んだり、乳首を吸ったり、まさにレイプ直前でした。

反射的に抵抗する私。
すると全員で私の体を押さえつけ、誰かが口を手で塞ぎました。
そんな状況で最初の男が入ってきました。
一瞬のけぞる私。
激しいピストン運動に逆に歓喜の声が漏れてきてしまいました。

最初の男はお腹に出して果てました。
ぐったりしている私を見下ろしながら次の男が入ってきました。
私の手を抑え付けていた手は既に緩んでいるのに、私はまだ手を抑え付けされて抵抗出来ない女を演じていました。

抵抗出来ないように抑え付けられて廻される。
そんな願望が突然実現してしまった事に戸惑いながらも私はとても感じていました。
2人目が果てた時、3人目、そして4人目の人は口に入れて来ました。
いつの間にか率先してフェラをしてしまっている私。
口の中に出された時には最初の男が又私を犯し始めていました。
一体いつまで廻され続けるのでしょう・・・

朝になり、呆然としている私。
男達も寝てしまっている者、シャワーを浴びている者、宴の後の光景でした。
ふと約束があるのを思い出し、急いで帰る用意をしようとしていると、シャワーを浴びていた課長の友達が戻ってきました。
「帰るの?」
「はい」
「又廻してあげるからね!」
そうウインクした目には何かを悟ったような自信が感じられました。

今、私は廻されていた時の事を思いだしながら、そして、おなにぃをしながらこのブログを書いています。
 土曜日、久しぶりに鉄拳さんを打ちに行ってきました^^
もちろんキャラは「ガウガウ」ね^^
いつものように会社の課長に連れていってもらったんだけど、結果課長大勝ち(12万円のプラス、すごぉ(;o;))
私はと言うとマイナスでした(ぐすん(TT))

課長の知り合いの方も後から店にやってきて、課長の奢りで飲みに行く事に♪
鉄拳やらスロットやらエロい話でいつも以上に大盛り上がり!
で、私はぐでんぐでん(^^;
最後の方は断片的な記憶だけ。

・二人に両乳を揉まれた事。
・飲みながらペロっておっぱい見せちゃった事。
・思いきり抱きつかれた事。
・タクシーに乗せられた事。
・抱えられてどこかに運ばれた事。

で、朝目が覚めると全裸で自分のベッドに寝てました(^^;
又やっちゃったみたいです(^^;
いくらなんでもやられたら気が付くから、やられてはいないみたいですけど、何で裸なんでしょ???(^^;