FC2ブログ

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

私を皆様で廻して下さい。 精子飲みます。 恥ずかしい姿を撮影して沢山の人に見せて上げて下さい。                                  勿論目線モザイク不要です。 どうぞ私を世間の晒し者にして下さい。
2006/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 5/27日(土)第1回「美優陵辱プロジェクト」開催します。

1.主催者:SINさん

2.参加予定者:まさひろさん、Rさん、しげさん、中島さん、3BAKU
さん

3.メニュー
 ①ノーパン・ノーブラ歩行(場所は秋葉原)
 ②首輪を付けての羞恥歩行(場所は秋葉原)
 ③そのままエロ映画館に入り公衆陵辱(電車で移動します)
 ④「一回百円」と体に書いて、男子公衆トイレに拘束放置
 ⑤居酒屋さんで陵辱
 ⑥カラオケ屋さんで王様ゲーム(注:美優は必ず一番です)
 ⑦酔った私を浮浪者にいる公園に放置(強制オナニー)
 ⑧全員で輪姦
 ⑨後はお好きなように

4.御用意頂く物
 ①ビデオカメラ・デジタルカメラ
  ※使い捨てカメラの場合は私がカメラ屋さんに受け取りに行くと言う羞恥オプション付きです。
 ②ロープ、手錠等の拘束用具
 ③アイマスク
 ④油性マジック
 ⑤その他個人の感性にお任せします

5.その他
 御撮りになった写真をそのまま御持ち帰り頂いて結構です。
 著作権は撮影者としますので、雑誌投稿、ネット投稿可です。
 (目線不要です)

他の方の参加も御待ちしております。
尚、交通費等実費以外の費用は一切掛かりません。


※ この話はフィクションです

スポンサーサイト
[PR]

 今日1日、私のスイッチは収まる事がありませんでした。
それもこれも先日課長の友人とその仲間に廻されてしまったからです。

 深夜、私は以前の主様が撮影された私の恥かしい写真を30枚ほど持ち出しました。
大事な所も顔もはっきり写っている写真ばかりです。
その中の1枚に私の部屋番号と携帯番号を書き込んであります。
その写真を3Fの廊下に無造作に10枚程ばら撒きました。
更に非常階段に向かい、下の階に向かって残りの全てをばら撒きました。
その光景にゾクッとする快感が走りました。

その写真はそのままにして部屋に戻ります。
回収したい欲望と戦いながら、あの写真が誰かに見られたらどうしよう、電話が掛かって来たらどうしよう・・・
そんな葛藤とリスク感に酔っていました。
体が震えています。 おかしくなりそうです。

全裸になり玄関のドアを開け、半開きの状態で固定しました。
そして左足をロープで縛り、その先をチェーンロック用のチェーンに結わえつけ、そのまま玄関で、廊下側に大事な所を晒しながらおなにぃを初めてしまいました。
(誰か私の写真を見付けて、私を見付けて、犯して・・・)
何も怖くありませんでした。
激しく犯されたい・・・
その願望だけでした。
どんな相手でも受け入れた事でしょう。
息使いと声が廊下に響いています。
(隣の人に気付かれたい、気付いて欲しい)

逝ってしまうまで大して時間は掛かりませんでした。
逝った後もそのまま足を縛り付けた状態でぐったりしていました。
動く気力が出ないのです。

(写真を回収して来ないと・・・)
ゆっくりとロープを解き、全裸のまま廊下にばら撒いた写真を回収しました。
次は非常階段です。
私の本サイトを御覧になった方は御存じだと思いますが、非常階段のドアは内側からは開きますが外からは開く事が出来ません。
一度出てしまうと1Fまで降りて正面玄関から入って来るしか出来ないのです。

時間が未だ早く、外で誰かに会う可能性が高いので、全裸で出たい願望を抑えてブラとショーツだけで非常階段に向かいました。
写真はまだその場にありました。
まだひくひくしている私のあそこ。
一度おなにぃした程度では収まっていなかったようです。
上から見下ろした裸の写真達を見てて、又興奮を覚えてしまいました。

今度は非常階段でストリップをはじめ、そのままばら撒かれた写真を見ながら全裸でおなにぃをしてしまいました。
今度はさっきよりももっと大きな声が出ていたと思います。
更にぐったりしてしまった私。
そのまま暫くへたり込んでいました。
(戻らないと・・・)
私の中には私を守ろうとする者と、私を辱めようとする者の2つの人格がいました。

取りあえず写真を回収し、1Fまでまで降りました。
正面玄関に回るには一度通りに出なければならないので、ここで下着を着ける事にしました。
そーっと、外の様子を見ると全くと言う程誰も居ません。
通りを通る車さえ見えません。
楽勝で玄関に向かったのですが、楽勝で戻れた事、通りに誰もいない事が又私に火を付けました。

ここで又脱ぎたい・・・

回収した写真を玄関の前に置き、車道まで出ていって、そこでストリップを初めてしまいました。
車道で全裸になった私は手を後ろに組み、その場でくるっと回ってみました。
そしてゆっくりと玄関に向かいました。
でも右手は大事な所を触りながら・・・
まともに歩けませんでした。
途中へたり込んだりしながら這うようにしてマンションの中に入りました。

今、戻ってきてこの記事を書いています。

私はこんな変態女なんです・・・
誰かめちゃくちゃにして下さい。