FC2ブログ

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

私を皆様で廻して下さい。 精子飲みます。 恥ずかしい姿を撮影して沢山の人に見せて上げて下さい。                                  勿論目線モザイク不要です。 どうぞ私を世間の晒し者にして下さい。
2010/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
 久し振りのブログアップです。
ちょとおさぼりしちゃってましたね^^;
で、今日はメールでリクのあったA君の最近の行動を暴露しちゃいますね♪

すっかりなついてて私のおもちゃ状態なのは皆様御存知かと思いますけど。
たまに「ふーん、ふーん」て甘えた声ですり寄ってきます。
私が残業で遅くなると一緒に残業しているのは何かを期待してのことと思うんですけど、二人して最終退場になる事を望んでいるんでしょうね^^;

あ、A君を知らない人のために一応説明を!

--------------------------------------------
<A君とは>

営業部に配属された新人で私が教育係りになる。
ひょんな事から童貞である事が発覚。
一時キャバクラに嵌るも何とか救出!
その頃からちょっとえっちな関係が加速!
とうとう彼のチェリーを奪ったのが私!
--------------------------------------------

と、言う事で今でもたまにやらせてあげています。
でも彼としてはやりたい盛りで隙があればモーションをかけてくるって感じでの日常が続いてます。

先週最終退場者になった時の事、

トイレから帰って着たA君が私に押し付ける。
美優「きゃはは、何固くしてんのよぉ(笑)」
A君「ねえ、ねえ、ねえー」
美優「会社はおちんちん立たせる所じゃないんだからねぇ、めっ!」
A君「だってー」
美優「もー!」
美優「もうすぐ終わるから待ってなさい!」
A君「はーい!

~で、仕事終了~

美優「どうしたの? 見て欲しいの?」
A君「うん」
(注:仕事中はこんな甘ったれた感じでは有りません)
美優「自分で出してごらん」
正面に立って自らおちんちんを出すA君。
美優「きゃはは、かっちかちだよ♪」
手にとって顔を近ずけてじっくりと眺めるとA君は喜びます。
いつものように手にとって眺めていると手の中でびっくんびっくん脈打っています。

A君を相手にすると虐めたくなっちゃう美優ちん。
美優「全部脱いでみよっか?」
A君「はい!」
急いで脱ぎ始めるA君。
全裸になった所で椅子に座らせて後ろ手にガムテープで縛っちゃいました(笑)
無抵抗状態にされて悪戯される快感を私は知っています。
だから同じ事をA君にもしています。
もしかしたらそれがA君の今後の性生活に大きな影響を与えてしまうかもしれませんけど・・・

私、知~らないっ(・∇・*)

無抵抗状態になったA君のおちんちんを動かしている最中、悪戯っこ美優ちん閃いちゃいました♪

その状態のA君の姿をA君の携帯で撮ってそのまま待ちうけ~♪^^
それをA君に見せると、何故かおちんちんがしゅ~んって!
でもスカート捲くってパンツ見せてあげると、またびーん!
男の人の体って面白いなりぃ^^

今度はガムテープを内腿の毛が生えている所にべったり!
美優「いひひ^^」
何をされるか悟ったA君のおちんちんは、しゅーん!
でも口で加えてあげると、びーん!
すかさずガムテープを剥がすと、
A君「あひゃ!」
で、じたばたしてます。
それを見ながら笑い転げている私!
A君のおちんちんはと言うと、くにゃーん!

忙しいおちんちんね^^

で、そんな事をしていたら部長から電話!
ひえー!
もうこんな時間!
今日は部長と飲み飲み!

美優「ごめん、部長に呼ばれているんだった!」
美優「悪いけど後は自分でどうにかしてね♪^^」
美優「あ、最終退場者よろしくね^^」

と、言う事で放置プレイのおまけ付きの巻でしたぁ^^

今度はどんな事して虐めちゃおっかしら♪^^

ちなみに最後はしゅーんでした(笑)






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 手記あげるの遅れていました。
ツイッターを見た方は知ってる方もいらっしゃると思いますが、はい姫会SP参加してきました。
1次会は3名での居酒屋飲み、2次会から私と私の会社の人3名(純粋な姫会メンバー)、取引先S社の3名、計7名での飲みです。
場所はパーティールームのような場所。
カラオケがあるのに結局誰も歌わないと言う初パターンでした。

最初は王様ゲーム(正確には奴隷ゲームの方)でKissされたり乳揉まれたり、握らされたり、乳首吸われたり、あそこを生で触られたりとやられたい放題。
最後は誰が王様になっても私のパンツに手を突っ込み、あそこをかわるがわる触るようになっていました。

私がパイパンである事を確認したS社のF様が「もっと良く見てみたい」と一言。

それを受けて、私の会社の部長と課長が私を抑え付け無理やりパンツを剥ぎ取りました。

泣いている私に対して今度は二人で強制M字開脚。

見られている事の恥ずかしさよりも既に感じてしまって濡れている事を確認される事の方が恥ずかしかった・・・


姫会SPお開き後に私がどうなったのか、続きと詳細はホムペの告白日記6にアップしています。

20100904