FC2ブログ

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

私を皆様で廻して下さい。 精子飲みます。 恥ずかしい姿を撮影して沢山の人に見せて上げて下さい。                                  勿論目線モザイク不要です。 どうぞ私を世間の晒し者にして下さい。
2010/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 なぜスイッチが入ってしまったのでしょう?
なぜそんなリスクを冒すそうな事をしてしまったのでしょう?
コスプレが流れたから?
ううん、私には分かってる。

それは私の奥底に眠る願望・・・

-------------------------

0時を過ぎた辺りからもう体が熱い事は分かっていました。
なぜそうなってしまったのでしょう?
ひとつには親愛なるsinさんが私の掲示板に貼った画像がきっかけ。
それは良く分かっています。

そしてスイッチが入ってしまった時の私がどれ程無謀な行為に及んでしまうかも・・・

気がつけば全裸でベランダに立っていました。
外はもう涼しいのを通る越して寒いくらいです。
でも私の体は熱さで火照っていました。

もちろん外から一番良く見える場所。
そこで立ったまま全裸オナニーを始めてしまいました。
誰か私を見て、私がオナニーしてる所を見て、私のおま〇こを見て・・・
会社の人たち、取引先、全員が見守る中でオナニーをさせられて、そして皆がその恥かしい姿を写真に撮りながら、手足を押さえつけられて廻されている姿を想像していました。

暫くすると遠くから一人のおじさんが歩いて来ていました。
お酒が入ってる?かのようにふらふらしながらゆっくりと歩いてきていました。
私に気がついてこっちを見るおじさん。
目が合った所で手を振りました。

歩くのが止まり、足を少し開き気味で立ち、口を半開きにして私の方を凝視しています。
私の裸を思い切り見ている・・・

少しすると「にこっ」って笑ってくれました。
どんなテンションなんでしょう?
私が手を振ったよりも激しく手を振り返してくれました。

こんな事は過去一度も無かった事。
こんな変態娘に優しく手を振り返してくれた事がとっても嬉しかったんです。
更に全裸のまま手を振り返しました。

するとそのおじさんは手を振りながら、軽く会釈をしつつ目の前を通り過ぎてきました。

時として男性の行動は私の理解の外にある事があります。
会釈をされたのもちょっと面白かったんですけど、にっこり笑って手を振ってくれた事にどんな意味があるのでしょうか?
「見せてくれてありがとう」の意味なのでしょうか?
良く分からない事でした。

おじさんが通り過ぎるのを目で追いながら・・・

あ、どうせなら・・・

そう思いたってしまったのです。
前にモデルをした時にカメラマンさんに頂いた男性用のタンクトップ。
今は私のパジャマ代わりになっています。
裸の上にそれだけを着て、私は外に出てしまいました。

もちろんその男性を追いかけてです。
目的も良く分かっていませんでした。
ただあの人にもっと近くで見て欲しい。
触って欲しい。
犯されても構わない。
そう願ったのです。

決断する事、何を着て外に出るかで迷った事、その時間のずれが男性を見失う事になってしまいました。

途中他の若い男性達とすれ違いました。
見ようとしなくてもノーブラ丸分かりの格好。
後ろに回ればノーパンである事も分かってしまう、その格好で外を徘徊するのには限度がありました。

渋々自宅マンションに戻りました。

------------------------------

いつの日からかマンションに監視カメラが付きました。
でもカメラの場所は分かっています。
1階入り口、そして各階のエレベーター前。

現在時刻は2時を過ぎている頃。
この時間に誰かと会う事なんて滅多にありません。
1階に着いたエレベーターに乗り込むと着ている物を1階のエレベータ前にそっと置きました。

------------------------

全裸でのエレベーター。
押したボタンは最上階。
手に持っているのは家の鍵だけ。
何故かその鍵を大事な所に押し付けてみました。
金属の感じ、悪くないかったんです。

もうどうなったっていい。

エレベーターの中で自慰こ行為に及んでしまった私。
エレベーターが最上階について扉が開いた時、誰かに会う事を望んで居た私。
誰でもいいから今の状況を解消して欲しい。
そう願っていました。

再び1階までの旅。
そしてまた最上階。
2往復した所で達してしまいました。
自宅マンションのエレベーターの中で・・・

ごめんなさい、止まらなかったんです。
止める事すら出来なかったんです。

1階で服を回収して今やっと家に戻りました。
そして直ぐにこの思いをブログに書き殴っています。

まだ頭はぼーっとしています。

いつかとんでもない事になる。
私自身がそう感じています。








スポンサーサイト
[PR]